menu

京都の港町で生まれた
    伝統の味を、世界へ。

日本三景「天橋立」など、
豊かな自然溢れる京丹後地方。

実は、米の最高位「特A」を西日本で最も多く獲得するなど、 隠れた京都の米処として密かに知られています。
HISAMIの糠漬けは、そんな「丹後コシヒカリ」の厳選した米糠を使って作られます。

RE-DESIGNされた、
次世代の糠床。

目指したのは、熟成感がありながら香りが良く、
旨味の強いマイルドな塩味を持った糠漬け。

現代人の食の嗜好に合う味を生み出すために、
私たちは、新しい糠床の開発から着手しました。

時代が変わり、今の糠床に保存期間を延ばすための強い塩味は必要ありません。

煎った米糠に、ワインや麹・柑橘系のフレーバーを纏わせることで今までの糠漬けが抱えていた強い塩味と発酵臭はなくなり、深い「旨味」と「熟成感」だけが残りました。

フレッシュな香りも楽しめる新しい糠漬けは、
和食だけではなく、
洋食や様々なお料理と一緒にお楽しみいただけます。

そんな糠床に漬けるのが、
旬の「鮮魚」と地物の「京野菜」です。

丹後沖では、
毎年イワシや秋刀魚など回遊魚が漁獲されます。

作れる量には限りがありますが、 HISAMIは、その旬の時期に獲れる魚を 糠漬けにして提供する事で 旬を味わえる喜びをお届けしています。

味が良く鮮度や栄養価の高い「京野菜」、

丹後地区では、最近、無農薬野菜や有機栽培に取組む農家さんも増えてきています。

ただ、形が悪かったり、大きすぎたりすると適合にあわず一般流通しないまま廃棄される野菜も少なくありません。

このような規格外野菜にも着目し、
食糧廃棄物を減らすことで少しでも地域に貢献できればと考えています。

糠漬けは、美容や健康にも役立つ日本の素晴らしい健康食文化。
世界中で楽しめる糠漬けを開発して、日本の糠漬け文化を世界に広めたい。

そんな想いで、HISAMIは世界を目指して糠漬けを研究し続けます。

©COPYRIGHT 2020 HISAMI.ALL RIGHTS RESERVED.